薬剤師の通勤時間のおすすめとは

薬剤師の皆さんが、普段どのくらい通勤時間をかけているのか気になりますよね。
今回は通勤時間についてまとめたので、通勤に関してお悩みならぜひ参考にしてみて下さい♪

通勤時間の長さは意外に侮れない?

一般的に、通勤時間が長いと、
「幸福度が下がる」「自由に使える時間が減る」「通勤時間の有効活用が難しい」
と感じる人が多いと言われています。
こちらでは通勤時間に関して、疑問や悩みを細かく見ていきましょう!

通勤時間の許容範囲は?

一般的な会社員の通勤時間は総務省統計局の調べで、通勤時間30分未満の世帯が57.0%を占めているそうです。
詳細には、通勤時間が「15分未満」は27.1%、「15分~30分未満」は29.9%という結果になっています。
理想としては1時間未満、出来れば30分程度という人が多いようです。

転職時の優先事項に通勤時間は入れるべき?

転職に当たり、チェックするポイントは様々ありますが、通勤に時間が掛かったり苦労する事が多いと、日々のストレスや疲労が蓄積されたり、時間が掛かる分、早起きをしなければならない等、離職率の増加に関係してしまうことが統計的に証明されています。
そのため、決して通勤を甘くみてはならず、通勤時間を優先して勤務先を探すことも大切です。

通勤時間に1時間半以上は大変?

通勤で片道1時間半の時間を掛けてしまうと、往復で3時間になり、予想以上に通勤に時間を割かれてしまうことになります。
通勤で疲労が溜まると、仕事でミスが増えたり集中力の低下にも繋がります。
そのため、いくら仕事自体が良くても、通勤時間が長すぎると仕事を辞めたいと思ってしまいやすくなります。

通勤時間を少しでも有意義にするには?

乗り換え回数が多いと集中して取り組めないこともあります。逆に同じ所用時間でも乗り換えが少なく長時間、同じ乗り物の中にいるからこそできることもあります。
こちらでは、なるべく時間を有効に使ってストレスを減らす方法をご紹介します。

通勤時間が長い場合の移動の活用方法

本を読む・睡眠時間に当てる・ゲームをする・音楽を聞く・勉強の時間にあてる・外の景色を楽しむ等、通勤時間もプライベートな時間とポジティブにとらえ、好きな事をする時間にあててしまいましょう。
それをするためにも、電車を1本早いものにしたり、たまには普通電車でのんびり帰ってみるのもありです。

しかし、工夫をしてもストレスが解消されず、体力的に限界を感じてきた場合は転職を視野に入れるのも選択肢の一つだと思います。
朝の時間に余裕がある状態で出勤することや、帰宅してから家族団らんの時間を持つことは、仕事と同じくらい大切かもしれません。

登録完了まで1分 無料で会員登録する