薬剤師の人が取得すべきおすすめの人気資格をご紹介

薬剤師が実際に取っている人気の資格をご紹介いたします。
資格に関して更に詳しい情報を知りたい方は、各認定団体のホームページをご確認ください。

研修認定薬剤師

研修認定薬剤師は、かかりつけ薬剤師の資格を得るための要件のひとつでもある資格です。制度に基づいて定められた期間の中で研修に参加し、必要な単位を取得すると得られます。その後は、定期的に資格を更新する必要があります。継続的に学び続けている薬剤師として認められた証拠となりますので、薬剤師ならば取得しておくと良いでしょう。

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬や生薬の分野において、レベルの高い知識やスキルのある薬剤師として認められると得られる資格です。患者さまに直接カウンセリングして、体調・体質に合わせた漢方薬を選び、サポートをしていきます。セルフメディケーションの普及により、健康の為に漢方薬を服用する方も増えています。そのため、調剤薬局やドラッグストア、病院など様々な職場で活かすことができます。

がん薬物療法認定薬剤師

他の認定資格と比べ、取るのがやや難しいものの、多くの人が取得を目指している最も人気がある資格です。がん薬物療法の薬学的な専門家として、臨床で特にニーズの高い資格となっています。がん専門薬剤師のステップとして位置づけられ、特に抗がん剤治療において活躍し、医師や患者さまに、適正な使用や副作用の対策などの指導や説明を行います。がんに関わる最新の知識と技術を持つ薬剤師が、各施設においてがん薬物療法の向上に貢献していくことを目指しています。

がん専門薬剤師

がん専門薬剤師は、注目度が高くとても人気がありますが、難易度も高い資格です。抗がん剤治療には、高度で専門的な薬学の知識やスキルを習得し、適切な治療を行うことがとても重要です。がん専門薬剤師は、がん薬物治療にあたり、患者さんに合った抗がん剤の選択や治療に伴う抗がん剤の副作用の対策を考え支援しています。何か問題が起きると、医師や看護師などと情報を共有すると共に多職種の医療者とカンファレンスを行い、問題が解決できるようにしています。

メディカルアロマセラピスト

薬剤師資格と共にこの資格を取得しておくと、アロマや精油を用いて、地域の方々の健康維持に貢献することができます。現在、アロマは医療や介護、美容など関係する様々な場所で処置として利用されています。精神的ストレスや不調で苦しむ方々がアロマを利用すると、リラックスできたり、症状を軽減させることが可能です。メディカルアロマセラピストとして活躍するという道も開けます。

糖尿病療養指導士(CDEJ)

糖尿病は40代以上の方に多く、偏った食生活やストレスなどライフスタイルに関わることが原因となる傾向にあります。糖尿病療養指導士とは、糖尿病患者様に生活指導を行い、糖尿病治療において欠かせない自己管理をサポートする役割を担います。薬剤師だけでなく、他職種の方もこの資格を得て活躍しています。

登録完了まで1分 無料で会員登録する