薬剤師の転職後の給与はアップする?今すぐ転職するべき薬剤師って?

今すぐ転職するべき薬剤師とは?

転職を希望する理由は様々ですが、その中で今すぐ転職を考えるべき薬剤師には以下のような特徴があります。

・年収が低い

・人間関係に困っている

・通勤距離が遠くて辛い

・勤務時間が長くて大変

一つずつ解説していきます。

①年収が低い

転職理由で最も多いのは年収アップ。現在の職場では年収アップが見込めず、もっと待遇の良い環境で働きたいと希望する方が多いためです。

薬剤師は勤務先や地域、役職によって年収が大きく異なるため、さらなるキャリアアップを目指せますよ。

実際に、転職をして年収アップに成功した方は多数いらっしゃいます。

②人間関係に困っている

人間関係に困っているというのも転職理由として多いです。

職場内でいじめにあっている、上司との関係性が悪い、仕事の考え方が合わないなど様々なケースが存在します。

人間関係はモチベーションや仕事へのやりがいにつながる大切な要素です。環境が変わることで新しい目標が見つかったり、楽しさも見出すことができるかもしれません。

人間関係に悩んでいる方は転職を積極的に考えるのも解決策の一つです。

③通勤距離が遠くて辛い

通勤距離が遠いのも転職を考えるきっかけになります。

例えば通勤に片道90分かかっている場合、合計で3時間を1日の通勤時間に費やしていることになります。

働きがいのある素敵な職場なら良いのですが、先述したように年収アップが見込めない・人間関係が悪いなどの要因が加わってくると、通勤時間の意味も違ってくるでしょう。

④勤務時間が長くて大変

勤務時間が長いことも転職の理由として多いです。残業や休日勤務がある職場では、なかなか自分の時間を確保することが難しいかもしれません。

長時間勤務が必ずしも悪いわけではありませんが、自分が望んでいるライフワークとあまりにも離れている場合は転職を検討しても良いでしょう。

仕事とプライベートのバランスが良好だと、生活にメリハリがでて人生が充実するきっかけになることもありますよ。

薬剤師の転職後の給与

薬剤師の給与は転職によって本当に上がるのでしょうか?

ここでは、

・薬剤師の転職後の給与

・年代別の給与の上がりやすさ

について解説していきます。

①薬剤師の転職後の給与

ヤクマッチの調査によると転職によって、

・年収が上がった 55%

・年収は変わらない 32%

・年収が下がった 13%

というデータになっています。半数以上の方が転職によって年収がアップしていることがわかりますね。

そのため、転職をすることで年収を上げることはそこまで難しいことではないと言えるでしょう。しかし、ここで注意点があります。

それは年収の上げやすさは年代によって異なるということ。20代・30代・40代では年収アップの状況も異なるのです。

では、次にどの年代が年収アップしやすいかも見ていきます。

②年代別の給与の上がりやすさ

まずは年代別にみた給与アップの割合についてです。



年代 年収が上がった人の割合
20代 30代 40代
28% 40% 20%

*ヤクマッチ調べ

表を見ると30代の方が給与アップしやすいことがわかります。おそらくこれは経験や実績もあり、企業側の欲しい人材と条件が一致することが多いからだと思われます。

反対に40代を超えてくると、年収アップできる可能性は低くなります。

もちろん40代でも年収を上げることに成功した方も多いですが、実績やキャリア、今後の伸びしろなど総合的に考慮され、年収が上がる人材と下がってしまう人材がはっきり分かれてしまいます。

次に年代別で年収アップした額を見ていきましょう。



年代 平均年収アップ額
20代 30代 40代
45.3万円 98.4万円 103.3万円

*ヤクマッチ調べ

年代別にみるとはっきり差が出ましたね。

20代での転職でも年収アップは可能ですが、キャリアや実績が不十分なことも多く、大幅に給与が変わることは少ないようです。

しかし、30代になると年収アップの平均額は100万円を超えてきます。先述したように企業側が求めている人材の条件に合うことは多くなってくるからです。

また、40代では転職で年収アップする可能性は低いものの、実績があれば30代を上回る年収アップが可能だということもわかりました。

これらの表をみると着実に実績を積んでいくことの大切さがわかりますね。

転職で給与アップするコツ

ここからは、薬剤師の方が年収アップする際に覚えておいていただきたい重要なポイントを紹介します。

重要なポイントは大きく分けて4つです。

・役職につく

・勤務条件の希望を広くする

・勤務人数が少ない職場を狙う

・未経験の職場を検討する

一つずつ解説していきます。

①役職につく

一般職で働いている場合、役職を狙うのも給与を上げるひとつの方法です。他の企業と同じく薬剤師も役職によって年収が変わってきます。

薬剤師の役職には、

・管理薬剤師

・ラウンダー(複数の店舗に勤務する薬剤師のこと)

・マネージャー

などがあります。

一般職と比較し業務内容や責任の重さが違うことから、年収が100〜300万円違うこともあるのです。

もちろん転職の際には実績や経験がないとそれらの役職にはつけませんが、条件に該当する方はチャレンジしてみるのも大いにありでしょう。

②勤務条件の希望を広くする

勤務条件を幅広く考えておくと年収を上げやすいです。

夜勤や土日勤務を積極的にしてくれる人材はどの職場においても重宝されます。そのため、一般職で働いたとしても年収が高くなりやすいですよ。

勤務時間や勤務形態に希望を持つことはもちろん良いことですが、あまりにも条件が細かいと年収アップは難しいこともあります。

勤務条件に柔軟性を持たせると良いでしょう。

③勤務人数が少ない職場を狙う

職場によっては薬剤師を一人しかおかないというケースもあります。そのような職場は薬剤師への待遇が良いケースもあり、年収を上げたい場合にはおすすめです。

しかし、一人で勤務するため業務量は多くなり、なんでも自分で解決しないといけないということは知っておきましょう。

場合によってはブラック企業に近い働き方を強いられることも。

しっかりと情報を収集し、自分が対応できる仕事環境かどうかチェックした後に応募をすることをおすすめします。

④未経験の職種にチャレンジする

新しい職種にチャレンジするのもおすすめです。今まで病院での勤務がメインだった方はドラッグストアや調剤薬局、製薬会社への転職を検討すると年収アップに繋がりやすい傾向にあります。

病院での年収は他の職種と比べて低くなりやすく、転職理由のひとつになっているのも事実。

新しい職種にチャレンジすることはとても勇気のいることですが、知識や経験が増え仕事へのやりがいも見つけられるかもしれません。

同じ職種で転職を考えていた方も、一度他の職種を検討してみるのはいかがでしょうか。年収アップの可能性や新しいやりがいに出会えることもありますよ。

給与アップのために妥協も考える?

今までと同じ仕事内容・勤務条件で給与を上げたいという希望はなかなか難しいものです。地方に引っ越すなら可能性はありますが、妥協しなければいけない点も出てくることでしょう

妥協するポイントで多いものには具体的に、

・通勤時間

・勤務時間

・休日や休暇の日数

・仕事内容

などです。詳しく解説していきましょう。

①通勤時間

通勤時間を妥協するという方は多いです。なぜなら都心部や主要都市よりも、そこから少し離れた地域の方が年収が高いケースがあるからです。

実は薬剤師の年収は都心部や主要都市だからといって高いわけではありません。むしろ地方の方が待遇が良いところが多いです。

地方では薬剤師が不足しているなどの背景があるため、年収が100万円近く変わってくることも少なくありません。

そのため、年収アップのために通勤時間を妥協する方も比較的多いのです。

②勤務時間

勤務時間も妥協するポイントとして多いです。薬剤師といえど長時間勤務したり、夜勤をこなしてくれる人材は貴重であり、必然的に給与は高くなっていきます。

仕事とプライベートのバランスは大切ですが、今までと同じ勤務条件で年収アップが難しいことを考えると妥協すべきポイントかもしれません。

③休日や休暇の日数

勤務時間と同じく、休日や休暇の日数を臨機応変に対応してくれる薬剤師も貴重な存在です。

土日勤務を積極的にこなしたり、休日を他の人の代わりに出勤するなどすると、給与はアップしやすいと言えるでしょう。

また、先述した勤務時間の増加や休日・休暇の日数を妥協するからといって、必ずしも仕事への満足度が減るというわけではありません。

もしも、転職先の仕事内容が自分の希望にあったものなら勤務時間が長くなってもやりがいにつながることもあります。

実際に、勤務時間は増えたけど仕事内容は希望通りだから転職して良かったという方も多いですね。

自分がやりたい仕事内容であるならば、働く日数や時間が増えても満足度が高くなるかもしれません。

④仕事内容

仕事内容を妥協することもあります。

例えば、今まで役職についてこなかったけど立場のあるポジションで働いてみることや、病院から調剤薬局へ転職するなどがそうですね。

仕事内容が違えば給与もアップすることがあるので、検討してみると良いかもしれません。

しかし、自分の希望した仕事内容とあまりにもかけ離れてしまうと再転職を希望してしまうこともあります。

そのため、目的をはっきりさせることが大切です。家族を養うためなのか、今後の目標のために資金を確保するためなのか。

自分が給与アップを目指したい理由を今一度考えてみて、慎重に転職先を検討することが重要です。

年収アップの希望相談は転職エージェントを利用してみよう

年収アップを目指すなら転職エージェントに依頼することも積極的に検討しましょう。

なぜなら、転職エージェントを利用することによって自分で転職活動をするよりも希望通りの条件で働くことができる可能性が高くなるからです。

①転職エージェントとはなにか?転職先活動をサポートする専門家のこと

そもそも転職エージェントとは、人材紹介のサービスのこと。転職活動をする方をサポートし、希望条件を考慮した上で理想の働き方ができる職場を紹介してくれます。

転職エージェントを利用することは自分一人で転職先を探すよりも、効率的に転職活動を行うことができます。

転職エージェントは多くの薬剤師の転職活動をサポートしているので、業界の転職事情や他では手に入らない求人に出会えることもあるでしょう。

実際に、求人には一般的に公開されている求人と人材紹介会社にしか公開されていない「非公開求人」があります。自分だけで転職活動をしている場合、非公開求人に出会えることはありません。一般に公開されている求人と比較して、魅力的な案件も多いです。

また、転職エージェントは書類審査や面接の通過率も上げてくれます。

求人を出している企業側がどのような人材を欲しがっているかを常に把握しているため、履歴書や職務経歴書を使ってうまくアピールできるように導いてくれます。

②年収アップの相談もできる

さらに転職エージェントでは、年収アップの相談も親身になって受けてくれます。

年収を上げたいという希望があるものの、それを直接企業側に伝えるのは気が引けますよね。

転職エージェントを利用すれば給与交渉を代行で行なってくれるため自分が気まずい思いをすることはありません。そもそも給与の希望条件に合う転職先を探してくれるので、給与アップできる可能性は高いと言えるでしょう。

「今、転職した方が良いのか?」

「自分のキャリアで給与アップは本当にできるのか?」

上記のような不安に対し、相談にのってくれるのが転職エージェントです。利用料も無料ですし、積極的に活用したいですね。

また、企業側も一般の応募ではなく転職エージェントを介して人材を探す方が効率的であることが多いです。転職エージェントが利用者と時間をかけて面接を行うことで、企業側と転職希望者のミスマッチを少なくしてくれるためです。

転職をする際にパートナーがいることは転職希望者と企業にとってメリットが大きいのですね。自分で転職活動するのに不安を抱えている方はぜひ、利用してみましょう。

まとめ 

薬剤師は転職することによって年収が上がる可能性があります。当社の調べによると半数以上の方が年収アップに成功しているため、実績や経験があればチャレンジしてみるのも良いでしょう。

また、転職をする際には転職エージェントを利用するのがおすすめです。相談も無料でのってくれるうえ、給与交渉も行ってくれます。

ヤクマッチは、薬剤師の転職に特化しているだけでなく、薬剤師免許を持ったコンサルタントも多数在籍しているため、給与アップを希望する場合でも職場探しをしっかりとサポートすることができます。

「給与アップについて相談したい」と思っている方はぜひ、お問い合わせください。

登録完了まで1分 無料で会員登録する