薬剤師が転職する際の志望動機の伝え方について!履歴書や面接の成功率がUP

序文

就職活動でもみなさん書いた事があると思いますが、転職活動においても必ず必要なのが、「志望動機」になります。転職時も履歴書、面接とは別に、自身のことをアピールし、企業にあなたを理解してもらう重要なツールの一つになります。ここでは、そんな重要な志望動機の書き方、伝え方について薬剤師の転職のプロである当社のコンサルタントがその秘訣を伝授するべく、記載してあります。

志望動機が重要な理由

志望動機は転職者が企業に自分の事を伝えるために最も重要とも言えるツールの一つになります。

何故、志望動機が転職活動において重要なツールになるか、それは企業があなたのことを知ることができるのは履歴書や面接が主になってきます。そのどちらでも志望動機は必要となり、企業があなたのことを理解するのは大半が志望動機からと考えてもいいほどです。あなたがなぜその企業で働きたいのかを正確に熱意のある文で伝え、企業と転職を希望する理由のズレを無くすことでマッチした転職に近づけることができます。

では、企業は志望動機から何を見ているのでしょうか。

勤務地の希望などは当然ですが、企業は志望動機から転職者の転職意欲の根幹を知ろうと考えているケースが多いです。

転職意欲の根幹とは何か、それは大きく言えば、以前働いていた企業ではどんなミスマッチがあり、今回志望する会社はどういった点でマッチしているのかという事です。

以前まではこのように働いていたが、転職後にはどういった環境で何にチャレンジしたい等以下のような要因があって転職を希望している理由でもあり、あなたの本質でもあります。

【転職意欲の根幹】

・転勤による勤務地の変化によるミスマッチ

・勤務時間帯によるミスマッチ

・より専門的な知識を学びたい(専門的な研修を重要視したい)

・自身の経験や知識をより患者さんに貢献できる環境で働きたい

上記理由等を明確にして、自分がなぜこの転職先を選んだか、なぜその会社に入りたいのか、志望動機として企業に伝える事が重要になります。

志望動機の考え方

志望動機が重要だとわかってもどう考えたらいいかわからない、転職先に何を求めているかがイマイチ考えられていない。それは現在の職場に対する不満な点等を解消したい思いの強さから今後の自分の未来が見えていないのも要因の一つかもしれません。では、そんな志望動機の考え方を以下のステップに分けて考えていきましょう。

【ステップ1】働く上で企業に何を求めるかを考える

自分が働く上で企業に何を求めるのかを明確に自己分析をする必要があります。

何を求めるか、それはあなた自身が今まで働いてきた中で何をしているときにやりがいを感じたか、何をモチベーションにして困難を乗り越えたかを思い返してみるのが良いでしょう。

例えば、

・患者さんのことを思い、疾患についての専門知識を勉強しているときにやりがいを感じる。

・仕事終わりに自分の趣味の活動に取り組むことでモチベーションを保っていた。

このように自身の経験から振り返ってみることで転職先に求める条件が絞れてきます。

働いてからそのようなやりがいをうまく感じることができなかった場合には、学生時代の活動まで振り返ってみるのもいいでしょう。

【ステップ2】転職後の企業で何をしたいか

自己分析をした結果、自分が求めるものを理解した後にそれが叶う働き方について考える必要があります。これが志望動機を考える上で重要になります。

例えば、専門知識を勉強する時間を確保したいのに勉強時間の確保ができないのでは、転職の意味がありません。自分の求めるものを働き方に結び付けることで、転職先のビジョンが見えてきます。

【ステップ3】自分のしたいことがどう活かせるか

自分が求める働き方が理解できても、その働き方を転職先にどう活かせるかわかっていないといけません。どう働きたいかに加え、その働き方がどのように転職先の企業に活かすことができ、どのように貢献できるかを伝えることができれば、企業とのマッチ度が上がり評価もしやすくなります。

【ステップ4】志望動機の考え方が合っているかの確認

志望動機の考え方が合っていたかを客観的に確かめることで、さらにマッチ度を上げることができます。自分で考えられていなかったことや働いているイメージをより明確にすることが重要になります。

当社では、薬剤師免許を持つコンサルタントを含む転職のプロが数多く在籍しています。

志望動機を一緒に考え、転職活動がより上手くいくようにサポートすることももちろん可能です。

履歴書でのポイント

確立した志望動機はどのように履歴書に書けばいいのか、そのポイントをお伝えします。

まず、履歴書は企業があなたのことを知る最初のツールでもあります。相手は自分のことを知らない、詳しく書こうという思いで書くことが大事になります。そして、履歴書の志望動機はあなたの希望する働き方、人間性を伝えるフリースペースでもあります。

薬剤師になると決めた時点(それより前に特徴的エピソードがある場合はそれより前でもOK)からこれまでにやってきたことまでをわかりやすく、あなたの言葉で記載することで企業もあなたのことを知ることができ、あなたと企業、双方の認識のズレを無くした転職へとつながるでしょう。

履歴書に志望動機を記載する際はどのような人間であるのかを伝える為にも以下のポイントに注意して記載してみましょう。

・なぜ薬剤師を目指す事になったのか

・薬剤師として経験してきた業務

・薬剤師としてやり遂げた成果

・薬剤師免許以外に取った専門薬剤師としての取り組み

・転職先のどんなところを魅力に感じたか

・転職後にどんな事に挑戦したいか、どのように会社に貢献したいか

上記ポイントに注意して志望動機を履歴書に記載していくことで人間性から能力、仕事のスタイルまであなたの思いや企業への志望度が伝わり、好印象をもってもらい転職の成功率も上がると思います。

履歴書の例文

では、上記ポイントをおさえた履歴書での志望動機について、実際に例文を用いて確認していきましょう。

いくつかのパターンに分けて記載してある為、自分はどのパターンに近いか、どのパターンに近づけて書くのが書きやすいかをイメージしながら読んでみてください。

(例1) 転職先でのやりがい、魅力を伝えるパターン

20代 ドラッグストア勤務→調剤薬局への転職

『貴社の地域医療連携へ取り組む姿勢に感銘を受け、志望しました。私は学生時代、実際に多くの仲間達と協力して1つの結果を出す事に注力してきました。その中でも主体的に仲間の橋渡し役を担う事が多く、仲間同士が協力する環境作りにやりがいを持っていました。貴社に入社した際には、貴社が注力する地域医療連携に積極的に取り組み、他の医療機関との橋渡し役を率先して行うことで、貴社の一員として、地域の患者さんや貴社へ貢献したいです。』

上記の志望動機では、転職を希望する薬局の取り組みや姿勢に共感している事を第一にあげ、実際に自分が学生時代に経験してきた事をどのようなモチベーションで行動してきたのかを照らし合わせる事で企業の考え方に共感でき、自分がマッチしている事を表す文章になります。この書き方をすることで、企業側も「この方は私達企業の考え方に共感している、同じ方向に向かっていく志を持っている」と、特に性格面のマッチを感じることができ、より良い印象を持つと考えられます。

企業の考え方については自身でホームページを見て確認するのでも十分な知識を身に付ける事も出来ますが、企業の雰囲気、実際の働き方等に関する情報を感じ取るのも文章を書く上で重要です。その情報に関しては、自身で集めるのも限界がある為、当社コンサルタントに気軽に聞いてもらえれば、実際にその企業で働いている方、働いていた方などから聞いたリアルな情報をお伝えすることができます。

(例2) 自身が経験してきた事を伝えるパターン。

30代 大規模の調剤薬局勤務→中規模の調剤薬局への転職

『私は貴社の掲げる専門的知識をもった薬剤師の一員になりたいと思った為、貴社を志望します。貴社はこの業界でも特に研修に力を入れ、患者さんの為に疾患について薬学的知識を深くまで持っている薬剤師の方が多く在籍していると伺っております。私も薬剤師になってから調剤や服薬指導の業務に加え、特に勉学に励み、時間を多くとりたいと考え、小児薬物療法認定薬剤師の認定を受けました。以前働いていた勤務先ではこの資格を活かした働き方が叶いませんでした。そのため、私はこの知識を活かすとともに貴社の研修システムの下、貴社薬剤師の方と切磋琢磨し、更なる知識を身に付ける事で、貴社に来局する患者さんをはじめ、多くの患者さんやその家族の方の健康に携わり貴社に貢献したいと考えています。』

上記志望動機では、自身が転職後にどのように働きたいかを明確に記載する事で自分のイメージする働き方を企業側に正確に伝え、理解してもらう書き方になります。より具体的に今回のケースでは、今までの働き方で身に付けた知識や専門的な資格を有している事を記載する事で、企業側に自身のスキルをアピールすることができます。その上で企業の持つ取り組みを記載して、その制度を利用して更なる知識面での向上を望んでいる事を相手に伝えることができています。

(例3) 勤務地にこだわる場合

20代 調剤薬局勤務→地域密着のドラッグストアへの転職

私は貴社のような地域に根付いた会社で薬剤師として働きたく今回志望しました。私は以前勤めていた薬局でも地域に根付いた地域連携を行いながら勤務していました。実際に薬局を利用している患者さん以外にも多くの市民の方を呼んだ健康イベントの開催等多くのイベントに携わらせてもらいました。今回、一身上の都合に伴いこちらの地域で働くことになり、是非貴社の一員として、患者さんだけでなく、多くの市民の方との交流を通して、より信頼される薬剤師を目指し、貴社に貢献したいと考えています。

上記ケースでは、以前に地域密着型の薬局での勤務経験がある事を伝え、似た働き方での経験があることを企業へ伝えることでマッチ度を企業に理解してもらう文章になります。勤務地をどうしても変えなくてはならない場合でも、働き方に不満がなかったのであれば、自身の経験、スキルとしてプラスに伝えましょう。

履歴書で志望動機を書く際のNGポイントとしては、どのようなケースであっても、以前働いていた職場の悪口やネガティブな情報を書いてしまうことです。

いくら入社後に聞いていた話と違う働き方を強要されていたとしても他社に対するネガティブな事を書いてしまってはマイナスなイメージを与えてしまいます。あなたが企業側だとしたら、他人の悪口を言ってる人を採用したくはありませんよね?あくまでも自己PRをするような気持ちで書きましょう。

面接でのポイント

履歴書と同等に志望動機が重要視されるもう1つの過程が『面接』になります。

履歴書では書面に書き、相手に読んでもらう事で相手に伝えますが、面接では企業側の社員の方と実際に目の前で考えている事を伝えることができます。

面接における志望動機はかなり重要であり、なぜ転職したいのか、志望動機は絶対に質問されると思ってもいいでしょう。

ですが、面接も就職活動での経験以外、受ける経験は数少ないと思います。そこで、当社から転職活動においてとても重要である面接のポイントをお伝えします。

まず、面接を行う上で前提として思ってほしいのが、面接官も人であるという事です。

第一印象はとても重要になってきます。元気にあいさつする人や、表情も明るく笑顔な人、ハキハキと大きな声で話す人、基本的な事になりますが、このような人が面接を受けに来て、嫌な気持ちにはなりませんよね?

また、志望理由も覚えた内容を淡々と話すだけでは、伝わるものも弱く、考えていること、思っていることをしっかりと相手に訴えるように伝えましょう。

志望動機を伝える際も同様にはっきりとした言葉でしっかりと伝えることを心がけましょう。志望動機は本心で話している事も重要ですが、それ以前にコミュニケーション能力や急な質問に対する対応力も見ています。

志望動機では特に難しい言葉で答えようとはせずに、分かりやすい言葉で簡潔に答える事を心がけましょう。

内容面に関してどのようなところを面接官が見ていて、どこに注意していいかもあまりわからないものですよね。素直に伝えるとは言え、面接では全てを本音で伝えてはよくありません。

志望動機を聞かれ、「家から近いから」、「休みが欲しいから」等と言った伝え方では「この企業でなくてもいいじゃないか」と思われてしまいます。

せっかく志望動機を考えたのですから、内容は頭に入れて臨みましょう。

質問に対する回答時間は長くても『1分以内』、文字数にしたら『200~300文字』程度が目安になります。

『なぜこの会社にしたのか、なぜこの会社でなければいけないのか』、これを明確に答える事をわすれないようにしましょう。

まとめ

さて、このページでは志望動機について考え方、履歴書の書き方、面接時の注意点に焦点を当てて伝えていきました。転職の理由においても重要で、転職成功を決めるのに大切な志望動機について理解していただきましたか。

転職活動の志望動機は新卒での就職活動の志望動機とは全くと言っていいほど別物になります。

なので、悩んでいる、書き始められないのはあなただけではないので、安心してください。

当社には薬剤師免許を持っているコンサルタントも多数在籍しているので、薬剤師視点での志望動機の書き方などのサポートもできます。

不安な点は一人で抱え込まずに転職のプロであるコンサルタントに相談する事で解決に向かう事も多いです。

気軽に相談してみて、より明確な志望動機を作り上げ、スムーズにマッチした転職を一緒に頑張っていきましょう。

登録完了まで1分 無料で会員登録する