薬剤師の転職の流れを徹底解説!

序文

「転職をしたいけどどう進めていけばいいのだろう?」

そう悩んでいる薬剤師の方も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな悩みを持つ薬剤師の方のために薬剤師の転職の流れについて記載しています。

この記事を参考にしてスムーズに転職活動を進めて、自分に合った職場に転職できるようにしていきましょう。

まずは転職するメリット・デメリットを考えよう!

周りの友人や、仕事場の先輩が転職をしたことを聞いたりすると転職を考えることになるかもしれません。キッカケは人によってそれぞれ異なります。

ただ、果たしてそれらの理由は、本当に自分が転職をするにあたっての理由なのでしょうか?

『転職をしたいと思ったきっかけは何だろう』、『転職する事で何がかわるのだろうか』、『転職する事で失ってしまうものは何だろうか』

転職にあたって大事な事はまず転職することで生じるメリット、デメリットを考える事です。

そのうえで本当にあなた自身が転職をしたほうがいいのかを落ち着いて考えてみるのもいいとおもいます。

まず始めに転職することでのメリットについて記載していきたいと思います。  

・給与アップが見込める

今の職場では給料が上がりにくい、ボーナスが出ないもしくは少ない、給料が相場に比べてかなり低いなど給料に関する理由で転職を考える方もいらっしゃるでしょう。また、薬局が赤字続きで将来性が危ういことや、他社に吸収されそうまたは吸収されたなどの理由で将来性に不安を感じ、転職を考える方もいらっしゃるでしょう。以上に挙げた給与に関する理由はほんの一部です。転職すれば必ず給料が上がるとは言い切れませんが、しっかり転職活動を行えば、給与アップの可能性は大いにあります。

・違う業種で能力の幅を広げる事が出来る

今の職種では自分の能力を伸ばすことに限界を感じたり、自分がまかせてもらえる業務の幅に限りがあったりと、現在の職場から転職することで、自身の能力の幅を広げて、更なるスキルアップをすることもできるかもしれません。スキルアップすることは今後のキャリアアップにも大きな影響を及ぼします。

・職場環境を変える事が出来る

残業が多すぎることや、長時間労働が基本的になっていることや、休日出勤が多すぎることなどを理由に転職を希望する方は多いと思います。若くて体力があるうちは、バリバリ働くことができるかもしれませんが、年齢を重ねると徐々に労働環境に不満が出てくることもあると思います。また、結婚や出産で自分以外の人との時間が多くなってきたりすると、労働環境を見直すこともあるでしょう。

・自分が希望する地域で働くことが出来る

今の職場がなかなかアクセス困難な地域にあり、通勤するのが大変であることや、結婚や出産などのライフイベントを機に地元に帰る方や、相手方の勤務地に合わせて転職を希望する方もいらっしゃるでしょう。転職をするとある程度、希望に添った勤務地で働くことができるでしょう。

・休みがしっかりと取れる職場で働くことが出来る

有給をなかなかとることができなかったり、休日に職場から電話がかかってきたり、休日出勤をさせられたり、望んだように休みを取ることができないという理由から転職を希望する方もいらっしゃるでしょう。事前の説明会で説明されたことと、実際に働いてみて感じたことにギャップを感じる方もいらっしゃるでしょう。休みがしっかりとることができる職場に転職を考えてみてもいいでしょう。

・人間関係を一新する

現在の職場の上司や同期とそりがあわないことや、スタッフ間のコミュニケーションが希薄で働きづらいと感じる方もいらっしゃるでしょう。薬局・ドラッグストアではどうしてもコミュニティが狭くなってしまうため、一度人間関係に問題が生じてしまうと、なかなか厳しいものがあります。そういった状況を改善するために、転職を希望する方もいらっしゃいます。

上記メリットは転職するメリットの例のほんの一部ですが、メリットをしっかりとイメージしてから転職する事で転職活動もスムーズになると思います。

その為に、転職先の薬局に求める自分に合った条件をしっかりと一つ一つ書き出しておくことで大事になります。

転職を失敗しないためにも転職先の薬局やドラッグストアなどの情報もしっかりと調べるようにしましょう。

一方で、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。

・転職活動に費やす時間

・生涯賃金が減少する(退職金制度によって異なる)

・新しい環境下で覚える事が増える

・転職活動に費やす時間

こちらはデメリットの例のほんの一部になります。

デメリットはなるべく一つでも減らす事が大事になります。

メリットがいくら大きくても、デメリットもあまりにも多かったらせっかく転職する意味がありません。

薬剤師として自分が転職することで生じるメリットとデメリットを比較して、転職することで現状の自分の不満を解消できると思えたら、転職に踏み込んでもいいと言えるでしょう。

転職を決めるタイミングは?

では、実際に転職を決めるタイミングはいつがいいのでしょうか。

転職を決めるタイミングとして、『退職した後に転職先を決める場合』、『働きながら転職先を決める場合』の大きく2つあります。そこで今回はこの2つに分けてそれぞれのポイントをお伝えしていきます。

それぞれの方法のメリット・デメリットを理解し、自分に合ったタイミングを見つけて転職を決めましょう。

➀退職した後に転職先を決める場合   

まずは、現職場を退職した後に転職先を決めるケースになります。

この場合のメリットは、以下になります

・落ち着いて転職先について考える事が出来る

退職した後に転職活動を行うことで、時間にも余裕ができ、落ち着いて転職先について考えることができます。あせって転職活動を行ってしまい、次の職場がまた自分に合わない。といったミスマッチが起きてしまう危険性があります。そういったこと心配がある方は、現在の職場を退職してから転職活動を行った方がいいかもしれません。

・退職後に海外旅行や長期休みを満喫した後に行動できる

時間に余裕ができることから、自分のやりたいことをしてから転職活動を行うこともできるでしょう。働き出してからはなかなか時間がとれなくていくことのできなかった海外旅行や、長い休みを満喫するのもいいでしょう。自分のやりたいことをやってから転職活動をおこなうことでメリハリをつけることができるという方は、先に退職してから転職活動を行うのもいいかもしれません。

・転職活動が長引いてしまう可能性が低い

働きながら転職活動を行なってしまうと、転職活動にとれる時間がどうしても短くなってしまい、転職活動が長引いてしまう可能性があります。転職活動を長引かせたくない方は退職してから、動き出す方がいいかもしれません。

・転職のタイミングを逃しにくい

退職してから転職活動を行なうと、転職のタイミングを逃しにくいといったメリットがあります。退職していると時間に余裕が生まれ、転職先を吟味することも可能です。

逆にデメリットは、以下になります。

・収入が減ってしまう

・希望条件に合う転職先が見つかりにくいと妥協してしまう

・一定期間手当が無くなる。(家賃手当など)

退職した後に転職先を決めると、上記のように自分がやりたい事が出来、一度気持ちをリフレッシュして転職活動に打ち込めるメリットもある中で、生活面での工面が大変になってしまうデメリットが生じてしまいます。

②働きながら転職先を決める場合

次に働きながら転職先を決めるケースになります。

こちらの場合のメリットは、以下になります。

・給与が途切れない

働きながら転職活動を行なうことで、給与が途切れることのないまま転職活動を行なうことができます。給与が途切れないことで、心に余裕を持ちながら転職活動を行なうことができるといったメリットがあります。転職活動中も収入を絶やしたくない方は働きながら転職活動してみるのもいいかもしれません。

・時間が効率的に使える

働きながら転職活動を行なうことで時間を効率的に使うことができます。働いた後の時間で転職活動を行なうことになるので、短い時間の中でメリハリをつけて転職活動を行なうことができます。時間の管理の能力に自信がある方は、働きながら転職活動を行なうのもいいかもしれません。

・最適な求人を見つけられるチャンスが増える

働きながらの転職活動を行なうと、収入がある状態での転職活動になるため、長いスパンで転職活動を行なうことができます。そういった理由から、最適な求人に出会うことのできるチャンスが増えます。そういったことも働きながら転職活動を行なうメリットの1つです。

・手当を受けたまま転職活動(家賃補助等)

働きながら転職活動を行なうことで、現在の職場からの手当を受けながら転職活動をすることができます。例えば、地元が大阪であり、東京で働いている方が転職活動を行い、新しい転職先が再び東京の場合、退職してから転職活動を行なうと、東京に住むための手当がなくなるため、一度大阪に帰ってから転職活動を行ない、また東京に戻るといった無駄が発生してしまいます。このような場合は、働きながら転職活動を行なう方がいいでしょう。

逆にデメリットは、以下になります。

・仕事終わり、休日に転職活動をしなければならない

・精神的、肉体的負担が大きくなる

働きながら転職先を決めると、上記のように隙間時間に転職活動を行うことになるので、効率よく日々変わる多数の求人を見つける事が出来るメリットがある反面、身体を休める時間が減ってしまい、体力的負担も大きくなってしまうデメリットがあると言えます。

以上、2つのパターンに分けて転職を決めるタイミングについて記載しました。

どちらが良くてどちらが悪いなんてことはありません。

どちらのタイミングでもメリットがあり、デメリットがあります。

転職を決めるタイミングによるメリット・デメリットをしっかりと考えて、自分に合ったタイミングで転職活動を始めていきましょう。

タイミングについて決めかねる場合でも、あなたに合ったタイミングの提案も当社コンサルタントは出来ますので、まずは気軽に相談してみるのもいいと思います。

転職までの具体的な流れと注意点とは?

転職を始めると決心し、いつから転職活動を始めるのが自分に合っているのかをしっかり理解出来たら、あとは具体的な流れを確認しましょう。

転職活動の流れを確認する前に、まずは一度転職の目的を立ち止まって考えてみましょう。何らかのきっかけで転職を決意したとしても、実際の転職活動を開始する前に、一度立ち止まって考える時間を設けてみましょう。「なぜ転職するのか」、「転職してどうなりたいのか」が曖昧なままでは、今後の転職先を探す際にも迷子になってしまいます。逆に言えば、この軸をしっかり決めておくと、転職活動で迷いが生じた時に立て直すことが比較的簡単になります。

自分自身の気持ちや考えを整理し、転職を行う目的や理由を明確にしたうえで、転職活動をスタートさせましょう。

薬剤師の転職活動の流れを一通り確認し、注意点を抑えていきましょう。

流れ①

自分の求める働き方をより具体的に書き出す。書き出すことで自分の中で整理をつけやすくなります。そこから、自分が興味ある業種、挑戦したい業種について検討しましょう。

そして、その業種が自分の求めている働き方とマッチしているかを分析してみてください。

流れ②

転職先の候補となる業種が絞れたら、実際にその業界で働いている人やその業界のリアルな話を知っている人に聞き、情報を収集しましょう。情報は大きな武器になるので、いろいろと幅広く情報を集めておきましょう。そして、自分の働き方、求めている業界かを確認しましょう。

流れ③

自分の希望する業種、条件を具体的にイメージ出来たら、それに合った求人情報を探しましょう。

この時、地域や給与に限らず、より細かく、より具体的に条件を考えるのがコツです。

そのためにも条件を整理しておくことが重要です。

流れ④

転職を希望する会社が決まったら応募書類(履歴書等)を作成しましょう。

作成の仕方は別ページにも記載がございます。作成している途中で迷うことがあればぜひそのページもご確認ください。

採用されやすい書き方を研究する事で作用確率もUPします。

作成し終えたら、誤字脱字などのミスがないか入念にチェックして実際に応募しましょう。

流れ⑤

応募書類が通過したら次のステップとして面接がほとんどになります。

面接の対策に関しても当社HP別ページに記載されています。是非参考にしてください。

面接の準備をしっかりとして面接本番に挑みましょう。自分の魅力をしっかりと相手に伝えることができるように、たくさん練習しましょう。

流れ⑥

面接も無事に通過することができたら内定が出る事になります。

内定が出た会社をあなたが気に入り、入社を決意したら内定を受諾して入社になります。

流れ⑦

転勤先が決まり入社手続きが完了したら、現職の会社に退職の旨を伝えて退職交渉を行い、手続きをしましょう。

退職を告げ、退職が認められるまでもかなり苦労のいる作業になると思います。

そこで、退職についても当社HPに詳しく記載してある為、こちらのページを確認してスムーズに気分よく退職を迎えましょう。現在の職場を退職する際に注意するべきこともいくつかあるのでチェックしておきましょう。

これで晴れて転職は完了したことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

薬剤師の転職の流れは理解できたでしょうか。

自分に合ったタイミングで転職に踏み出し、流れを理解してスムーズに転職活動を進める事がカギになってきます。

適切なタイミングで転職活動を行わないと、条件の合った転職先を見つけられないだけでなく、あなた自身にも負担がかかってしまい、結果全てがマイナスに動いてしまう可能性も十分にあります。

当社には、薬剤師免許を所持している薬剤師のコンサルタントも多数所属しております。

求人情報だけでなく、転職をするかどうか、転職のタイミングの相談でもすべてのステップでより専門的なアドバイス、サポートを行っております。

是非、気軽にご連絡・ご相談をお待ちしております。

登録完了まで1分 無料で会員登録する