薬剤師の年収の上げ方についてご紹介

薬剤師が年収を上げるにはどのようなポイントがあるでしょうか。
現職で年収を上げるには、管理薬剤師などの役職につく、残業時間を増やすといったことが考えられますが、転職ではどうでしょうか?
転職では市場からの評価が年収に直結するので、どんな会社からも求められる人材であれば、高待遇で転職することができるでしょう。
ここではどのような人材が求められているのかに着目し、薬剤師の年収アップについて解説していきます。

スキルを身につける

ここでいうスキルとは、専門的な技術ではなく、ヒューマンスキルのことです。
以下のスキルを身につけることで市場からの評価を高め、年収アップを実現することができます。

1. コミュニケーションスキル
セルフメディケーションの推進により、薬局、ドラッグストアはかかりつけ薬剤師として活躍できる人材を欲しており、患者さんとのコミュニケーションが非常に重要視されています。
患者さんとのコミュニケーションは会社の評判や売上に直結します。
そのため、コミュニケーションスキルのある薬剤師は評価が高く、転職時に高待遇を提示されることがあります。
コミュニケーションスキルに長けた人は年収交渉も上手いので、結果的に規定の年収よりも数十万円高い年収を得るケースが多いです。
2. マネジメントスキル
管理薬剤師や薬局長、ドラッグストアの店長としての実績があれば、年収アップが見込めます。
薬や人の管理ができる薬剤師はどの薬局、ドラッグストアも欲しい人材です。
店舗をまとめる即戦力としての採用となるので、相場よりも100万円高い年収を提示されるケースも珍しくありません。
誰でもすぐに役職につけるわけではありませんが、チャンスがあれば積極的にアピールするといいでしょう。

認定薬剤師になる

薬剤師には免許の更新制度がありませんが、それに近い役割を果たすのが認定薬剤師の資格です。
認定薬剤師は時代に即した薬学的ケアが行えることを示すため、会社や社会から高く評価されています。
また、認定薬剤師の資格にも種類があり、その専門分野は多岐にわたっています。
今後、専門性の高い医療機関や研究機関で認定薬剤師の需要が高まる可能性があるため、活躍したい分野で認定薬剤師の資格を取得しておくと、将来的な年収アップが期待できます。
転職時に高い評価を受けられる他、認定薬剤師の資格手当がつくことが多いため、手当だけでも6~12万円ほどの年収アップが見込めます。
また、特別手当として賞与に加算されるケースもあります。

登録完了まで1分 無料で会員登録する