ブランクの長い薬剤師が転職する方法とは?

序文

「ブランクがあるけど転職できるのかな…」

育児や出産で働いていない期間が長くなると、新しい仕事につけるか不安になりますよね。

そこで本記事ではブランクのある薬剤師の転職事情について詳しく解説していきます。これから新たに仕事をしたいと思っている方はぜひ、ご覧ください。

ブランクがあっても薬剤師の転職は出来る?

先に結論から言ってしまうと薬剤師はブランクがあったとしても比較的転職しやすい職種です。人材が不足している企業が多いため、多少のブランクなら関係なく受け入れてもらえる可能性が高いでしょう。

ここでは、まずブランクの基準や実際の転職状況について解説していきます。

① 薬剤師業界のブランクの基準とは

一概には言えませんが、ブランクの一つの基準は「2年」と考えることができます。

なぜなら、医療制度が2年に一度変わり新しい法律や制度が出現するためです。新しい制度や法律が出てくることによって、覚え直すことも多くなり業務に支障をきたしてしまうかもしれません。

もちろんどのような変更が加えられるのかはその年によって異なりますが、今までとは違うルールのもと業務をしなくてはいけないため、「今までの考え方とは違う」と、大変だと感じることあるでしょう。

そのため、2年を過ぎたあたりから復帰する難易度が少しずつ上ってくるのですね。

出産や育児のため一度休職をする薬剤師さんも多く、今ではブランクOKな職場も増えてきました。しかし、ブランクOKといっても「本当に転職できるのかな…」と不安になってしまう方も多いですよね。

そこで次はブランクのある薬剤師さんが抱える悩みをピックアップしてみました。共感できる部分も多いと思うので、ぜひご覧ください。

②ブランクがある薬剤師が抱える悩み

ブランクがあると「仕事をしっかりとやっていけるかな…」と不安になってしまいますよね。

実際にこのような悩みを抱える薬剤師も多く、転職しようという気持ちにストップがかかってしまうこともしばしば。

ヤクマッチでもブランクのある方の転職サポートを行なっていますが、はじめは皆さん不安を抱えています。

ちなみにブランクがある薬剤師は以下のような悩みを抱えること多いです。

・ブランクの期間が長いと職場への復帰が難しいのではないか

・ちゃんと仕事についていけるのか心配

・人間関係をうまくやっていけるか不安

この中で特に多いのは「職場への復帰がちゃんと出来るのかどうか?」です。ブランクの期間が長ければ長いほど、大きな不安が募ります。法律や規則も変更になるので気になりますよね。

しかし、冒頭でも述べたようにやく薬剤師はブランク期間があっても転職がしやすい職種。企業によっては中途採用向けに研修期間を設けてくれるところもあります。

詳しく見てきましょう。

③ブランクがあっても薬剤師転職は出来る!

繰り返しになりますが、薬剤師の方はブランクがあっても転職しやすい職種です。

先述したように薬剤師が不足している企業や職場が多く、ある程度のブランクがあったとしても受け入れてくる可能性が高いです。

また、そもそも薬剤師が「簡単に取れる資格ではない」というのも大きな理由でしょう。他の資格と比べても取得するのは困難であり、ブランクがあったとしても薬剤師の資格は重宝されます。

もちろん職場によってはブランクNGのところもあります。高度な技術や知識を求められるところは条件も厳しいことが多いのも事実です。

しかし、ドラッグストアや調剤薬局では未経験の方への研修が充実していたり、ブランクOKの企業も多かったりなど転職先に困るという状況にはなりづらいです。

実際にドラッグストアや調剤薬局の出店は今でも多く、薬剤師の転職市場は比較的潤っています。

では、具体的にブランクがある薬剤師の方はどのような職場で働くのが良いのでしょうか?

ここからはおすすめの職場について解説していきます。

ブランクがある薬剤師におすすめの職場

ブランクのある薬剤師におすすめの職場は以下の3つです。

・ドラッグストア

・調剤薬局

・病院

ひとつずつ解説していきたいと思います。

①ドラッグストア

ドラッグストアは求人数も多く、ブランクのある薬剤師におすすめの職場です。未経験OK、ブランクOKの職場も豊富で復帰する環境が整っているといえるでしょう。

しかし、注意点があるとすれば実際のお客様と接する機会が多くなるということ。今まで病院などで勤務していた方は新たに接客のスキルを身につける必要があります。

また、扱う商品も異なるため覚える知識も増えてくるでしょう。

もしも調剤を中心に行いたいと希望する場合、ドラッグストアでも調剤薬局が併設しており、部門が別になっている職場を選択すると良いですよ。

ちなみにドラッグストアは年中無休で夜遅くまで営業しているところも多いため、しっかりと休みが取れるかどうかも見ておきましょう。

勤務時間に関しても事前に確認しておき、ブランクがあったとしても継続して働ける環境かどうかを見極めておくことがポイントです。

②調剤薬局

ドラッグストアと同じく調剤薬局もブランクのある薬剤師におすすめの職場です。

「未経験OK・ブランクOK」という職場も多く、安心して働ける環境が用意されています。

また、少子高齢化が進んできた影響により調剤薬局の新規出店が増えています。そのため、求人数も多く、自分の地域で希望の条件にあった職場を見つけることができるかもしれません。

業務内容がある程度決まっているため調剤結局の経験がない方でも適応しやすい職場と言ええます。

もちろん転職が成功するかどうかは自分の持っているスキルによりますが、一度調剤を経験している薬剤師なら問題ないケースがほとんどです。ブランクがあっても歓迎されるでしょう。

懸念点があるとすれば、職場が忙しく新人へのフォロー体勢が整っていない可能性があるということです。もしも、不安な場合は大手調剤薬局を選択すると良いです。中途採用向けの研修が充実しているところも多く、安心して業務にあたることができますよ。

③病院

自分の持っているスキルよっては病院もおすすめの転職先です。特に即戦力が求められる急性期病院や大学病院などでは、経験がない薬剤師よりも中途採用ですぐに業務に入れる薬剤師の方が重宝されます。

また、比較的小規模の病院でも歓迎されるかもしれません。薬剤師の数がそもそも少なく、こちらも即戦力が求められます。

自分のスキルに自信がある場合はチャレンジしてみても良いでしょう。

しかし、注意すべきポイントは給与です。一般的にドラッグストアや調剤薬局に比べて給与が低く設定されている病院が多いです。

転職先として人気はありますが、給与や時給の面で不満を抱えてしまう薬剤師も少なくありません。業務が大変な割に給与が少ないことが原因で再転職になってしまうことも考えられますね。

そのため、病院への転職を考える際にはこのような事実を事前に把握し、給与以外に目的を持つことが大切です。

ブランクのある薬剤師が転職を成功させるポイント

ブランクのある薬剤師が転職を成功させるためのポイントは以下の4つです。

・自分にとっての最適な働き方を考える

・優先順位をはっきりにする

・条件や待遇をしっかり確認する

・ブランクがある理由をきちんと説明できるようにする

それぞれ解説していきます。

①自分にとっての最適な働き方を考える

ブランク前のような働き方にこだわってしまうと、転職した後に大変な思いをしてしまう可能性もあります。そのため、一度こだわりを捨てて、ブランクがある状態でも無理なく働ける環境や職種を考えることが大切です。自分にブランクがあることをしっかり受け入れながら求人先を探していくと、転職に成功することが多いです。

②優先順位をはっきりさせる

優先順位をはっきりさせることで自分にあった職場に出会える可能性が高くなります。

例えば育児をしている場合、勤務日数を優先するのか、それとも残業がないところを希望するかによって応募する求人が変わってきます。

逆に優先順位をはっきりさせないまま転職先を考えてしまうと、ライフスタイルとのズレが生じてしまい、後悔につながってしまうこともあります。

優先順位をはっきりさせ、自分のライフスタイルにあった勤務先を見つけるのが大切です。

③条件や待遇をしっかり確認する

条件や待遇をしっかりと確認しないで勤務先を決めてしまうと「イメージ違った」と後悔してしまうこともあるため、注意が必要です。

仕事の内容だけで転職先を選んでしまうと、条件とのギャップですぐに辞めてしまい再転職になってしまうこともあるでしょう。

また、できれば条件や待遇だけでなく、実際に店舗の様子を見に行けるともっと良いです。

スタッフが働いている雰囲気が把握できるため応募するかどうかの判断材料になります。

④ブランクがある理由をきちんと説明できるようにする

面接時にはブランクのあった理由を聞かれることもあるでしょう。そのため、「なぜブランクがあるのか?」の理由をまとめておくことが大切です。

もしも聞かれたら、できるだけポジティブな意見を言えると良いですよ。たとえ理由がネガティブなものであっても、前向きなものに変換すると印象が良くなりやすいです。

できるだけ長くならず、簡潔に答えるほうが面接官も理解しやすいので、事前の練習をおすすめします。

薬剤師転職を成功させるためにやっておくべきこと

転職を成功させるために必要なことは多くあります。ここではその中でも特に大切なことを解説していきます。

具体的には以下の3つです。

・復職に必要なことを学び直す

・採用する企業や職場が何を求めているのかよく理解する

・ママさん薬剤師の場合は子どもの預け先や家事分担など、事前に働く環境を整えておく

ひとつずつ解説していきます。

①復職に必要なことを学び直す

自分が働いていた時代と法律や制度が変わっているかもしれません。勤務後に職場から教わることもあるかもしませんが、できるだけ自分で学んでおきましょう。

なぜなら、職場によっては非常に忙しく新人研修をしっかり行なってもらえない可能性もあるからです。

独学や通信講座を利用しながら、これからの職場で必要な知識を身につけることでスムーズに職場復帰できます。

②採用する企業や職場が何を求めているのかよく理解する

新しく働く職場でなにを求められているかを理解することは非常に大切です。

なぜなら、「企業がなにを求めているか」と「自分の職場での振る舞い」が同じ方向を向いていないと双方にとって不利益が生じてしまうからです。

できれば面接の段階ではっきりと確認できれば良いのですが、もしもできなかった場合は研修段階で直属の上司に気になることをしっかり質問しておきましょう。

職場や新たにつく役職によって求められることが違ってくるため、しっかりと理解したうえで勤務することが大切です。

③ママさん薬剤師の場合は子どもの預け先や家事分担など、事前に働く環境を整えておく

ママさん薬剤師が新たに就職する場合、様々なことを考えなくていけません。

子供の預け先を確保し、家族で相談し家事分担などのルールを事前に決めておく必要があります。

臨時で子供の面倒を見てくれる預け先の情報もチェックできると良いですね。近くにご両親や兄弟がいる場合は相談してみましょう。

パートナーとのスケジュール調整も重要になってくるので、スマホのスケジュール管理アプリを活用し、お互いの予定を把握するのもおすすめです。

ブランクがある薬剤師におすすめの勉強法

ブランクのある薬剤師は勤務前に勉強することが大切だと解説しました。しかし、どのように勉強を行えば良いか迷ってしまう方も多いですよね。

薬剤師におすすめの勉強法は以下の通りです。

・インターネット、本を活用する

・復職支援プログラムを使う

・研修制度がある転職先を選ぶ

・転職サイトを利用する

ひとつずつ解説していきます。

①インターネット、本を活用する

インターネットや書籍は自分のペースで学ぶことができるので、時間がない方でもおすすめです。特に服薬指導に特化した書籍は薬効効果・副作用・疾患をまんべんなく学ぶことができるので効率的です。

また、ネットにも情報がまとまっているので見ておいても損はないでしょう。しかし、ネットの情報は誤りも多いため、書籍を補完する目的で使うと良いです。

②復職支援プログラムを使う

日本薬剤師研修センターや一般社団法人の女性薬剤師会などでは、講師と一緒に勉強することができる復職支援プログラム(薬剤師研修支援)が用意されています。

独学では不安という方は利用してみてはいかがでしょうか。

③研修制度がある転職先を選ぶ

研修制度が用意されている転職先を選ぶことによって安心して業務を覚えることができます。注意点として研修制度が企業によって充実度が違うということ。1日だけの説明を研修と位置づけているところもあれば、3ヶ月みっちりと行なってくれるところもあります。

どのような研修制度になっているかを事前に確認することが大切です。

④転職サイトを利用する

転職サイトに登録することでブランクOKな転職先を効率的に見つけることもできます。ヤクマッチでは、勤務先と求職者の希望をうまくマッチさせてくれるので、ブランクがあっても安心です。

さらに転職サイトによっては独自の研修制度を設けているところもあります。このような制度を使うことで自信を持って勤務をスタートできますね。 

まとめ

ブランクが長い薬剤師でも転職することは可能です。薬剤師免許は誰でも取得できるようなものではないことから、もしブランクがあったとしても歓迎してくれる職場が多いためです。

しかし、法律や規則が変わるため、2年以上ブランクがある方は事前学習をおこなった上で転職をした方が良いでしょう。

ヤクマッチでは薬剤師の転職に特化しているだけでなく、薬剤師免許を持ったスタッフも多数在籍しているため、あなたにあった職場探しをしっかりとサポートすることができます。

さらにブランクがある薬剤師向けに研修制度も充実させているため安心して新しい職場で勤務することができますよ。

「ブランクがあっても大丈夫かな…」と不安を抱えている方はぜひ、お問い合わせください。

キャリアアドバイザー 太田

登録完了まで1分 無料で会員登録する