薬剤時の40代の転職事象って実際どうなの?理想の職場への成功方法とは

序文

世間一般的には、40代の転職は難しいと言われています。しかし、薬剤師は他の業界と比較して転職もしやすい状況があります。ただ、年齢が若い人の方がより転職しやすいのは事実です。

この記事では40代の薬剤師の転職が満足のいくものになるように、そのコツや考え方について解説していきたいと思います。

40代の転職市場

冒頭でも述べたように40代の転職市場は、20代や30代の頃に比べると転職先の候補が狭くなる傾向があります。

しかし、薬剤師の求人にはまだまだ40代の人材を対象にしたものも多くあります。その理由としては、薬剤師は国家資格を必要とする職業であり、その専門性の高さから人手が不足しがちなことが挙げられます。

それでは、薬剤師の転職先にはどのようなものがあるかを紹介していきたいと思います。

主に製薬会社・病院・薬局・ドラッグストアの4つが薬剤師の求人を出しています。この中でも薬局やドラッグストアの求人数が多く、薬局やドラッグストアに転職する人がほとんどです。そこで今回は薬局・ドラッグストアの転職に焦点をしぼって話を進めていきたいと思います。

①調剤薬局

調剤薬局への転職は実務経験がある人が優遇される場合があります。実際に調剤薬局の働き方を知っている方が採用する側も働いた際のイメージがつきやすくなるためです。

しかし、そんな中でも薬剤師の人手不足の点から、薬剤師免許の資格を持っていればOKという求人も数多く存在します。

②ドラッグストア

ドラッグストアの求人は「OTC求人」と「調剤併設型求人」の2つに分けられます。

OTC求人では、薬剤師免許の資格さえあれば実務経験については問われない場合が多いです。一方で、調剤併設型求人では、調剤薬局のケースと同様で、実務経験のある人が優遇される場合事も多いです。

このように、調剤薬局やドラッグストアの転職を考える場合、実務経験が重要になることがあります。実務経験があると、年収や労働条件の交渉など転職活動を有利に進めることができることもあります。また、40代で管理薬剤師やエリアマネージャーの経験があると、管理職として転職できることもあります。

40代の薬剤師が転職する際の悩みや不安

40代の転職には悩みや不安がつきものです。給料は上がるのか、働きがいや労働環境は良くなるのか、やりたい仕事はできるのかなど人によって悩みや不安は様々です。

みなさんがよく抱えている悩みについて触れていきたいと思います。

➀給料面

製薬企業や病院、調剤薬局など勤務先によって年収が異なりますが、40代ともなると同じ職種でも年収に大きな差が出てきます。同期の薬剤師と年収の話になり、友人の年収を聞いて開いた口がふさがらないことや、ついつい自分にうそをついて多めの年収を言ってしまうことも・・・

また、お子さんがいる家庭なら養育費が必要になりますし、逆に子育てが落ち着いてマイホームを買おうと思い、資金作りをする方もいらっしゃると思います。このように働くうえで給料は大切な要素のひとつです。転職すれば給料は上がるのか不安に思う方も多いでしょう。

②働きがい・労働環境の面

40代というと業務内容も一通りこなし、門前薬局ならばその科目の処方箋に詳しくなってきた頃でしょう。しかし、その一方で自分は、後輩たちにしっかりと指導ができているだろうか、かつての先輩のように頼られているだろうかという働きがいの面で不安になることもあることでしょう。

また、労働環境の面では、年齢とともに体力が衰え、より労働環境の良いところで働きたいと思うこともあると思います。残業などの労働環境や、通勤時間も転職先を探す際に大切な要素の一つと言えます。転職して働きがいや労働環境が良い方に進むかどうかも不安に思う方も多いでしょう。

③やりたい仕事ができるか

今まで調剤業務はしてこなかったけど、薬剤師なら調剤の経験をしておきたいと考えることは、40代になっても一定数います。しかし、年齢が気になってしまい、イマイチ決めきれずにいる人も多いのではないでしょうか。

調剤に限らず、やってみたい仕事はあるが、今の年齢になって…と、一歩踏み出すことができない人も多くいらっしゃるでしょう。この年齢で新しい職場に転職するのは不安だという気持ちと、やりたいことはやってみたいという気持ちが心の中で行ったり来たりして、結論を先延ばしにしてしまうことも多いのではないでしょうか。結論を先延ばししてしまうのは、転職しても自分のやりたい仕事ができるかわからないと不安に思う気持ちがあるからだと思います。

40代の薬剤師が転職して記載に求められること

20代と40代の転職で大きく違う点の一つとして「経験」が挙げられます。

20代の若い薬剤師が転職する場合、転職先から経験を期待されることは少ないですが、40代となると話が変わってきます。経験の他にも、知識や即戦力が求められる要素として挙げられます。

➀経験

転職先が40代の転職者を選ぶ際には、その人が今までどのような経験をしてきて、働いてきたかに着目します。ここで管理薬剤師の経験が長かったり、エリアマネージャーを経験していたりすると、薬剤師職だけでなく管理職として働ける可能性があると企業は着目します。

そして、転職の際に、今までの経験を活かして新規店舗の管理薬剤師として採用したり、将来の管理職候補で採用されたりする人もいます。

②知識・即戦力

知識の面では、より多くの処方に触れていることや、患者さんと接することで培われていく対応力などもあるので、経験の浅い20代より経験豊富な40代の方が重宝される傾向があります。転職先が調剤薬局や調剤併設ドラッグストアの場合、調剤経験があると更に転職先の幅が広がります。つまり、調剤経験があると、それだけ即戦力になるため、年収や労働条件を交渉する際も、有利に進めることができるということです。

ここまで、管理薬剤師やエリアマネージャーの経験があり、なおかつ、調剤経験があった方が転職先の幅が広がると書いてきました。

記事をここまで読んでいると、調剤経験があっても、管理薬剤師やエリアマネージャーの経験がなければ転職することは難しいのか、と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、決してそんなことはありません。調剤経験があると一般薬剤師の方でも即戦力として重宝されます。また、調剤経験がなかったとしても、調剤未経験者を募集する薬局やドラッグストアの求人も数多く存在します。

40代の薬剤師が転職を成功するために必ずやるべきポイント

40代で転職を考えている方の中には、転職活動がうまくいくかどうか不安な方も多くいらっしゃるでしょう。

ここからは、皆さんの転職活動がより良いものとなるために押さえるべきポイントについてご紹介したいと思います。

➀転職活動の目的を明確にする

転職する際に大切となるのが転職の目的をしっかりと明確にしておくことです。そのためにも、転職したい理由が生まれている背景を理解する必要があります。

例えば、給料が低いから転職したい、というのはよくある転職の理由です。その給料が低い理由はなぜなのでしょうか。評価基準が不公平・不透明だから、企業の業績が悪いから、自分のスキルや経験が乏しいから、など様々な理由が考えられます。

深く掘り下げようと思わなければ気づくことのできない点に本当の転職の目的が隠れていることもあります。そのため、不本意な転職をしないためにも転職の目的を明確にすることは大切です。

②希望する条件に優先順位をつける

40代の転職をより良いものにするには、転職先に求めるものを整理する必要があります。ただ、こちら側の希望ばかりをひたすら伝えていては、なかなか転職活動がうまくいかないこともあります。

そこで、転職活動を上手く進めるために、自分の中で重視する条件を3つほど決めておくことが重要です。例えば、年収はいくら以上がいい、自宅から何分圏内がいい、在宅医療に関わりたいなどです。

一方で、妥協できる点も挙げておきましょう。こうして自分は転職活動でどこに重きを置くのかが明確になれば、会社も選びやすくなり、進めやすいでしょう。

③自分の経験や能力、強みを活かせる職場を探す

40代の転職者に求められるものは経験・知識・即戦力です。今まで働いてきて得たものを活かすことができる職場を見つけ、そこにアプローチすることが転職活動を成功させる一歩になります。そのため、自分の中で今までの経験などを一度整理しておきましょう。今まで扱ったことのある科目・処方箋、服薬指導や対応したことのある患者さんの疾患、任された役職、これらの経験から得たもの、学んだことなど、詳細であればあるほど自分の中で整理をつけやすいです。それらを整理することで、自分についてより深く知ることができるとともに、自信をつけることができます。その自信から説得力や信ぴょう性も増し、面接などでしっかりアピールすることができるようになるでしょう。

④年収のことだけを強く考えすぎないようにする

転職の際に年収が気になる方もいらっしゃるでしょう。年齢が高くなってくると、家族を支える必要があるなどお金が必要になる場面が増えるため、給料が良い求人についつい目が行きがちです。ただ、覚えておいていただきたいのが「年収だけ」を気にしすぎないようにすることです。求人票を見て年収だけで決めてしまって、実際に働いてみると労働環境が悪いなどで転職を後悔することがあります。そうならないためにも、実際に職場見学の体験を通して働いている薬剤師の人にヒアリングしたりして事前に調査をしっかり行う必要があります。年収だけではなく、残業時間や職場環境、有給消化率なども重要な要素として挙げられます。

⑤転職コンサルタントに相談する

転職活動を進めるうえで不安や悩みが出てくるのは自然なことです。そういった場合は一人で考え込むのではなく、転職コンサルタントに相談しましょう。一緒にご自身の経験から強みを考えることや、職務経歴書の書き方や面接の対策などのアドバイスもいたします。数多くある会社の中から、皆さんの希望に合った職場の情報提供もさせていただきます。、転職活動をすることも転職を上手く進めるためにも、転職のプロの意見を参考にすることも手段の一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?40代の転職は不安なことが多くあると思います。ポイントを押さえれば望んだ転職活動をできる可能性は十分にあります。そのためにはまず、自分の転職の目的を明確化して、ご自身の能力や経験を整理していきましょう。また働き方を決める際は、ご家族と相談することも大切です。

40代だからといって転職をあきらめる必要はなく、理想の職場に転職するのは遅すぎるということも決してありません。ぜひ自信をもって転職活動を進めていただければと思います。

ヤクマッチ薬剤師には、薬剤師免許を持った社員が複数在籍しており、現場のリアルな情報を伝えながら皆さんの転職活動をサポートいたします。40代の薬剤師さんが活躍しやすい会社、そのあともずっと働きやすい環境などもしっかり把握していますので、ぜひ一度ご相談ください。

登録完了まで1分 無料で会員登録する