Chapter2. 薬剤師の履歴書と職務経歴書の書き方、準備の仕方に関して

自己分析、情報収集の次は企業に応募する書類を用意しましょう。
企業に提出する書類としては、履歴書と職務経歴書が一般的です。
ここでは履歴書と職務経歴書作成のポイントをまとめました。
ぜひご活用ください。

履歴書

履歴書は応募企業への最初のアプローチとなる重要な書類です。
履歴書で見られるポイントは主に以下3点です。

  1. 写真(第一印象)
  2. 丁寧に書かれているか
  3. 人柄や意欲(自分の言葉で書かれているか)

採用担当者が1枚の履歴書に目を通す時間は10秒~数分と言われています。
そのため、わかりやすいレイアウトになっているか、文章量が多すぎないかにも気を配りましょう。

履歴書の書き方について、より具体的に見ていきましょう。

日付
提出日か前日の日付を記入します。
郵送の場合は投函日を、面接に持参する場合は当日の日付を記入します。
写真
3カ月以内に撮影したものを使用します。
服装は落ち着いた色のスーツ(ジャケット)を着用します。
口角を上げた自然な表情がいいでしょう。
住所
都道府県から省略せずに記入します。
マンション名、部屋番号、ふりがななども忘れずに記入しましょう。
電話番号
日中に連絡がとりやすい電話番号を記入します。
固定電話がなければ携帯電話のみで問題ありません。
メールアドレス
連絡が取りやすいメールアドレスを記入します。
会社用のメールアドレスは控えましょう。
学歴
高校、専門学校などから入学年次、卒業年次を記入します。
学部・学科・コース名なども記入しましょう。
職歴
退職した場合は「一身上の都合により退社」と記入します。
免許・資格
最初に免許を、次に資格を記入します。
認定薬剤師・専門薬剤師の資格があれば記入しましょう。
志望動機
応募企業の特徴を踏まえて、やりたい仕事について具体的に記載しましょう。
5年後、10年後のキャリアビジョンも記載するとなおいいでしょう。

職務経歴書

職務経歴書はあなたのキャリアやスキルを企業に伝える書類です。
職務経歴書は履歴書と違い特に形式は決まっていませんが、一般的に以下のことを記入します。

  • タイトル「職務経歴書」
  • 日付 「○○年○月○日現在」と記載日を記入。
  • 氏名
  • 連絡先(住所、電話番号等)
  • 職務要約(概要)
    これまでの職歴とそこで得たスキルについて、最大5行程度で簡潔にまとめます。
  • 職務経歴
    時系列に在籍期間や業務内容について記載します。
    1日の処方箋数や店舗の薬剤師数、処方科目などできるだけ詳しく記載しましょう。
    管理薬剤師や薬局長、エリアマネージャーなど役職に就いていれば記載しましょう。
登録完了まで1分 無料で会員登録する